テレワークができない仕事についている人は要注意!時間がもったいない

テレワークができない仕事についている人は要注意!時間がもったいない

 

「なんか周りはテレワークやってんだけど、うちの会社は一向にテレワークOKになる雰囲気がない…大丈夫?」

 

こんな疑問に答えてく。

 

結論から言うと、あなたのいる会社で少しずつでもテレワークや在宅勤務の推進がされているのであれば、問題ない

 

しかし、社長を含めた経営層がテレワークに反対だったり、あなたの職種がテレワークに全くに向かない場合は、テレワークのメリットを社内でアピールしたり、転職も視野に入れた方がいい

 

著者は、新型コロナウイルスが流行るずっと前からリモートワークやテレワークを経験しているため、テレワークのメリットや今後の将来性についてその辺の人より把握しているつもり

 

本記事では、テレワークのメリットはもちろん、その将来性にまで言及する

 

この記事を読めば、テレワークがスタンダードになった未来を見越した賢い振る舞い方のヒントをゲットできることを保証する

 

近い将来テレワークできるのが当たり前になる理由

 

近い将来確実に在宅でのテレワークは、働き方のスタンダードになる

テレワークの流れに乗れないということは、社会人として機能しなくなるも同じ

 

感染リスク防止

 

こんなにテレワークが普及するなんて誰が予想した?

 

全てのきかっけは

そう、新型コロナウイルス

 

ウイルスの感染拡大防止の方法のひとつとして注目を集めたのがテレワーク

 

今後、同じように病原体の感染が広まるようなことが起きえないとは言えない

実際テレワークによって感染拡大防止の効果も出ている

 

社会の維持のためにテレワークの効果は認められつつあるのである

 

会社の経費削減施策のひとつ

 

テレワークによって恩恵を受けるのは従業員であるあなただけではない

 

企業側にも恩恵がある

従業員であるあなたが会社に来ないことによって、光熱費や交通費といった各諸経費の支出を減らすことができる

 

実家での在宅テレワークOK

こんな企業であれば、家賃補助を行う必要もない

 

企業側にとってもメリットは大きいのである

 

オリンピックなどの国家的なイベント

 

東京オリンピック

2020年に開催されるのかは、現状不明だけど。。

 

オリンピックに限らず、世界規模のイベントは今後も日本で開催される

そうなった場合、出勤が困難になる可能性は極めて高い

 

物理的に出社が不可能なケースがあるのであれば、イヤでも在宅で仕事をさせられるはず

IT企業化

 

断言する

今後すべての企業はIT企業化する

 

そうじゃないと生き残れないから

 

企業は合理性を追求している

それには各種テクノロジーの導入が必要不可欠

 

企業がIT化することで、これまで当たり前に紙でやっていたことはオンライン化される

オンラインでのコミュニケーションが当たり前になる

 

各種ITサービスを使ったテレワークに移行しない方が難しい

 

働き方の多様化

 

子どもを育てながら

副業をしながら

介護をしながら

 

これからさらに働き方は、加速する

 

場所と時間を選ばないテレワークという働き方は、こうした時代の流れにすごく合っている

 

テレワークをするメリット

 

これからの時代にテレワークが当たり前になることはわかってもらえたと思う

 

最大のメリットは、あなたの人生の時間をもっと大切にできること

しかも、集中できる環境さえ整えてしまえば、これまでよりもスピーディーに仕事を終わらせることが可能

 

他にも、3つのメリットがある

 

テレワークの最大のメリットは、あなたの時間の最大化

 

やってみればわかるけど、これまで当たり前にあったムダな時間をことごとくゼロにできる

 

・通勤時間
・移動時間
・打ち合わせ
・説教
・飲み会 etc…

 

こうした今まで当たり前にあなたの時間を奪っていたムダな時間が無くなる

 

テレワークが始まってすぐ、こう思った

「こんなに効率的に低ストレスで仕事に取り組むことができるのか…」

 

そして同時にこうも思った

「ムダに気付かない”当たり前”って怖い…」

 

働き方は、ちょっとしたことでここまで変わるのかと

 

あなたも僕もテレワークをし続ける限りは、自分の時間を最大化できる

 

同時にテレワークができない仕事についている人には一刻もはやくテレワークに取り組んでほしい

(冗談抜きで人生変わるよ)

 

【テレワークのメリット】生産性爆上がり

 

ムダな時間が無くなることで、ひとつの作業に対してまとまった時間がとれるようになる

結果、集中して作業できるため生産性がめちゃくちゃ上がる

 

つまらないことで、いちいち誰かに話しかけられることもない

職場のあの人の目線を気にする必要もない

 

「少し集中が切れてきたし、コーヒーでも飲むか…」

こんな風に自分のペースで自分自身の集中力のコントロールに気を遣える

 

【テレワークのメリット】仕事をする場所を選ばない

 

「会社が品川にあるから、少し家賃は高いけど品川の近くに住もう」

こんなこともなくなる

 

あなたはあなたの住みたいところに住めばいい

 

テレワークなら仕事をする場所は選ばない

日本の裏側でも作業できる

 

家賃で家系が圧迫されることもなくなる

 

【テレワークのメリット】”ながら仕事”ができる

 

育児をしながら

介護をしながら

資格の勉強をしながら

 

在宅でのテレワークだからこそ、仕事と同じくらい、いや仕事よりも大切なことに取り組みながら働ける

 

やりたいこと、やらなくちゃいけないことに取り組みながら仕事ができる

 

「両立ってできるんだ!」

テレワークによって気付かされること請け合い

 

 

テレワークができない会社・職種

 

残念なことにテレワークができない会社というのがある

 

物理的にテレワークができない

 

例えば、会社の業態上、以下のような色合いが強いとテレワークへの移行はなかなか難しい

 

・個人情報や機密情報などを扱うため、社外で情報を閲覧できない業務
・接客業など窓口や実店舗での業務
・その他、様々な事情で会社でしか仕事ができない業務

 

物理的にテレワークができないこれらのパターンは仕方ない

 

問題は次

 

テレワークをさせない or やる気がない or やり方がわからない会社

 

社長や経営層の方針としてテレワーク非推奨な会社は今後つぶれると思う

理由は、時代の流れを読めていないから

 

あとはテレワークのやり方がわからないまま、何の対策もとっていない職場にも未来はない

 

会社でテレワークができないなら動き出そう

 

もし、今あなたの会社でテレワークを推進するような動きがなければ、なんとかしてテレワークのある環境に身をおくべき

 

繰り返しになるけど、あなたの人生の時間を最大化できる

 

・家族との時間
・趣味に費やす時間
・挑戦のために必要な時間

 

テレワークによって、こうした時間を増やすことができる

結果、あなたの人生の幸福度や満足度は間違いなく増える

 

【テレワークができない人のための対策①】会社に働きかける

 

今回紹介したテレワークのメリットを是非あなたの会社の上司に伝えてみてほしい

 

上司だって人間

満員電車から解放されて、自分の人生の満足度があがるならテレワークに賛成してくれると思う

 

もし、テレワークを社内で推進できそうな気配になってきたら、あなたがテレワーク推進担当を買って出るのも手

テレワークを実現した人として周囲から感謝されるのは言うまでもない

 

【テレワークができない人のための対策②】テレワークのできる会社に転職

 

テレワークができない会社と一緒に人生を棒にふる必要はない

いつまでも今の会社にしがみつく方がリスク

 

これ以上損しないためにも転職を視野にいれてもいいと思う

 

もし、色んな事情ですぐに転職する気がなくても転職サイトには登録しておこう

 

こんなことがわかる

 

・どういう会社がテレワークを推進しているのか
・どういう職種がテレワーク対象なのか
・テレワーク以外に働きやすい制度はあるのか

また、いざ転職しようと思っても、そのときにストレスが溜っていれば、転職サイトに登録する気力すら無いと思う(経験済)

余裕のある今のうちに準備を進めておくのがオススメ

 

 

転職サイトに登録して、まずやってほしいことは、とにかくテレワークができる気になる求人情報を片っ端からお気に入り登録すること

そうしてストックをしておけば、見切りをつけた瞬間から動き出せる

 

また、テレワーク企業のストックが一覧で目の前に並んでいるだけで精神的な安心感や希望に繋がる(コレがでかい)

 

転職サイトの登録は無料。

 

AIの発展もあり、転職サイトは、あなたの求める条件にあった求人情報をレコメンドしてくれる

 

登録さえしておけば、テレワークを積極的に取り入れている企業の情報が入ってくるのである

だからこそ、今スグに転職するつもりがなくても登録だけはしておくべき

 

テレワークができる企業への転職選びのポイント

 

テレワークの制度の有無だけではなく、それらの制度がしっかりと使われているかもチェックしよう

 

企業の採用ページに「ある日の社員の1日」といったように、具体的な働き方が掲載されていることも多い

特に気になった会社については、こうしたページをチェックして、本当にテレワークが推進されているかは確認しておこう

 

会社に行くのが好きならいいけど、そうでないなら確実にあなたは、人生の時間を損している

 

 

著者もそのひとりなんだけど、とにかくテレワークという働き方に変えるだけで、あなたの人生の幸福度が上がることは間違いない

 

コメント